アスクス整備業システム

自動車整備業者様向けに開発されたパソコン用のシステムです。
主な機能は、顧客・車両管理、見積書・請求書発行、売掛金管理、および法定帳票、車両販売見積・請求書発行です。

Asks Q&A
『Asks整備業システム』を運用するとき、「こんなときは?」という疑問にお答えします。


整備業システムメニュー

Asks整備業システム起動時のメニュー画面です。
操作内容をボタンに表示し、メニューの階層を浅くして分かりやすくしました。

Asks整備業システムメニュー



法定帳票作成メニュー

法定帳票の作成に対応

  • 「指定整備記録簿」の印刷
  • 「分解指定整備記録簿」の印刷

  •  軽自動車「車検証」の印刷
  •  車検証の印刷
  •  返納届の印刷


  • 1画面で「請求書」、「見積書」の作成が可能



    車両販売メニュー

    見積書、請求書作成および「自動車保管場所証明申請書」の作成に対応



    機能概要

    機 能
    内 容
    出力帳票
    顧客管理
    ・顧客の基本情報内容を管理
    ・郵便番号からの住所入力も可能
    ・顧客情報をCSVファイルにより他のソフトで利用可能
    車両管理
    ・車検証情報を管理
    ・陸事の住所コードから使用者等の住所入力も可能
    見積・請求書
    ・専用用紙ではなく、全てA4コピー用紙に印刷
    ・1画面で簡単に作成できる
    請求書
    見積書
    作業指示書
    売掛金管理
    ・作成する請求書と連動して管理
    ・売掛金のみを発生させることも可能
    合計請求書
    請求書再発行
    売掛金一覧表
    入金一覧表
    照会・印刷
    ・任意の項目を指定し、画面照会・一覧印刷が可能
    ・車検・点検はがき、及び宛名ラベルの印刷が可能
    ・印刷出力はすべてA4
    顧客一覧表
    車両一覧表
    売掛金一覧表
    予約一覧表
    整備実績リスト
    車検点検到来一覧表
    宛名ラベル・はがき
    車両販売見積
    ・新車、中古車販売の「見積書」「請求書」を作成
    ・1画面で簡単に作成できる
    請求書、見積書
    実績一覧表
    その他業務
    ・全国の郵便番号情報を有し、独自の郵便番号簿を作成


    運用環境

    環 境
    詳細内容
    ハードウェア
    ・DOS/V 機
    ・ハードディスク : 100MB以上
    ・メモリ : 256 MB (推奨)
    ソフトウェア/OS
    ・Windows 98 以上
    プリンタ
    ・レーザプリンタまたはインクジェットプリンタ
    ・A4サイズ、はがき印刷が可能なタイプ
    モデムまたは
    ターミナルアダプタ
    ・リモートメンテナンスに使用


    販売サポート内容

    項 目
    サポート内容
    商品説明資料
    ・無償
    プレサポート
    ・デモンストレーションの実施
    導入指導
    ・ソフトウェアの導入、および操作指導
    保 守
    ・当社の定める保守契約による
    バージョンアップ
    ・バージョンアップによる機能追加の場合は有料となります


    【サポート情報】 よくあるご質問

    ご利用頂いているお客様から寄せられたご質問内容を表示しています

     注)回答欄の『 』表示内はメニューの名称を表します


    (1)顧客・車両情報のメンテナンス

    Q1. 同じ顧客情報を一人の顧客にまとめるには?

    ●「顧客マスタ整備」を使います

    修正したい顧客を選択し、まとめたい顧客(変更後の顧客)をしていすると車両情報、見積書、請求書情報および入金、売掛の全ての情報が変更後に指定した顧客に変更されます。また、変更前の顧客マスタは削除されます。


    Q2. 車検日を更新するには?

    ●以下の2通りの更新方法があります

    ①『車両修正』で直接車両情報を訂正する
      該当車両の「車検満了日」を直接修正します
    ②『車検日更新』メニューを使用する
     処理実行時に指定する「指定年月」以前で車検満了日が更新されていない車両を
      まとめて更新します。
      (注)ただし、車検周期が未入力の車両は更新できません


    Q3. 顧客情報を削除するには?

    ●顧客情報の削除は次のメニューで行います

    ①『顧客削除』 - 条件に合った顧客を顧客情報から削除します
    ②『顧客マスタ整備』 - 他の顧客に関連情報を付け替えて、指定した顧客は削除されます

    メニュー名称
    削除の条件
    備 考
    顧客削除
    ①車両データがないこと
    ②売掛データがないこと
    ②売掛金データ削除後は削除可能
    顧客マスタ整備
    定した顧客は削除されます。指定した顧客の関連情報は全て変更後の顧客のデータになります。

    Q4. 車両情報を削除するには?

    ●車両情報の削除は次のメニューで行います

    『車両削除』 - 条件に合った車両を車両情報から削除します
            このとき、関連情報もすべて削除されます

    メニュー名称
    削除の条件
    備 考
    車両削除
    入金データがないこと売掛金データの削除後は削除可能

    (2)売掛金管理

    Q1. 売掛金の残高を設定するには?

    ●『売掛金データ』を使用します

    ①登録済の顧客情報を元に「売掛金データ」が作成できます。車両情報は必要ありません。
     売掛金管理を行う場合、整備業システムの稼動開始時点で、前月末時点の顧客別残高を
     登録しておきます。以降は、本システムで作成する請求データから売掛金が発生します
     ので、まとめて売掛金の管理ができます


    Q2. 売掛金残高に端数の金額が残ってしまったとき?

    ●売掛金残高が0になるまで、発生した請求書データ、売掛金データ及び入金データは
     削除できません。また、売掛金残高リストにも、端数が残ったままいつまでも印刷されて
     しまいます。このようなデータがあるときには、『入金処理』で売掛の消し込みをおこな
     います。または、『売掛金削除』を使用して削除したい売掛を個別に指定して削除する
     こともできます。


    (3)マスタ情報のメンテナンス

    Q1. 作業マスタを追加するには?

    ●『マスタメンテナンス』→『作業マスタ』で行います

    ①「作業マスタ」をクリックします
    ②表示された画面で、「追加」をクリックします
    ③表示されているコードと重複しないように、新しいレコードと名称を入力します
     5桁の作業マスタコードを新しく入力します
     (注1)コードが重複すると登録できません
     (注2)先頭2桁は部位コードを指定して下さい
    ④設定が終わったら、「登録」をクリックします


    Q2. セット作業マスタを追加するには?

    ①『マスタメンテナンス』→『セット作業マスタ』で作成するセット作業のコードと
     名称を登録します
    ②『マスタメンテナンス』→『セット作業内容』を利用して、前記①で作成したセット
     作業の内容(内訳作業)を追加登録します

    (4)その他

    Q1. わからない漢字を探すには? (例:部首入力の場合)

    (注意)かな漢字入力の方法は、パソコンにインストールされている「日本語変換ソフトウェア」毎に操作方法が異なりますので、詳しいことは「ヘルプ」を参照して下さい。

    ここでは、DOS/Vパソコンで、「MS-IME2002」の日本語変換ソフトウェアを例に、通常のかな漢字変換で表示されない漢字を探す1つの方法として「部首入力」の解説します。

    ●例)探す文字: 「鈑」
    (1)パソコンを日本語変換ができる状態にしてキーボードから”かね”
      (または”かねへん”-””の記号は入力しません)と入力し、[F5] キーを押します。
    (2)表示された候補から該当の文字をダブルクリックします。
      選択した漢字が、画面のフォーカスのあった位置に入ります。



    車両販売システム

    Asks車両販売システムは自動車車両販売の見積書、請求書、法定帳票等を簡単操作で作成できるパソコン用パッケージ製品です。下図は起動時のメニューです。

    詳細な内容は、窓口までお問い合わせください。



    ページのトップへ戻る